屋根の点検!

おはようございます!

能義です!

 

年が明けて2週間ほど経ちますが、寒いですね……

昨日、都心でも降雪が観測されましたが、冬本番といった感じがしますね。

 

入間市でも昨晩チラチラと雪が降っていました。

積雪は無いので良かったですが、気が抜けませんね。

 

今年は暖冬になるとどこかで聞いたのですが、いつもより寒い感じがします……

というより、毎年暖冬になると言って結局寒いような気もしますね笑

 

また、乾燥しているので、火事のニュースも目に付くようになってきました。

火の元を今一度確認して、家の周りなどにも燃えやすいものがないか見ておきましょう!

火が出てしまっては目も当てられませんから……

 

そして、インフルエンザも流行し始めているようです。毎年の事ですが、体調管理にも気を付けましょう!

 

 

 

 

さて、1月もすでにいくつかのお問合せを頂いてお伺いさせてもらっています。

この時期は現調も時間が限られてしまいます。

朝早くだと屋根が凍っていて乗れないことも多いですし、16時くらいにはもう暗くなってくるのでちゃんと見ることができないですしね。

 

 

 

昨日も、入間市のお客様のお家にお伺いさせて頂きました。

お家全体の塗替えをお考えということで全体点検をさせて頂きましたが、今回は屋根について。

 

 

外壁やシーリングなどはお客様も普段から見ることができるので、劣化を見つけてご連絡いただくことも多いと思います。

でも屋根は普段なかなか見ることができないですし、ほとんどの方は気にもしていないのが現状です。

遠目で見て苔が生えているなど気が付くこともありますが立地によっては全く見えませんし、実際に近くで見ないと状態はほとんどわかりませんからね。

 

ですが、見えないけれど建物で一番重要なのも屋根なのです。

当たり前ですけど屋根が壊れてしまえば雨漏りしてしまいますからね。

 

 

 

・屋根材そのものに破損がないか、苔などが生えていないか、

破損があればそこから雨水がはいりますし、苔が生えていると屋根を痛めている状態なので気を付けなければいけません。

 

 

・笠木トタンに破損、サビがないか、釘が浮いたり抜けたりしていないか。

釘が抜けていると強風時に飛ばされてしまう可能性が大きいです。

 

 

・笠木トタンの繋ぎシーリングは劣化していないか。

隙間ができているとそこから雨水が入ってしまいます。

 

 

 

など実際に近くで点検しないとわからないことがほとんどです。

こちらのお客様の屋根には大きな問題はありませんでしたので安心です。

 

 

築10年くらいたつとどうしても劣化はしています、それはしょうがないのですが使っている素材や立地によって劣化の具合は大きく変わってきます。

破損などがなければ良いですが、あれば修理をしてから塗り替えをしなければいけませんし、そもそも塗替えでは済まない状態の時もあります。

屋根の素材や状態によって適した塗料も変わります。

 

施工方法や使用塗料によって金額や工期なども大きく変わっていきます。

実際に現状を把握することが重要なのです。

 

 

中には屋根に上らず見積もりを出して、工事が始まってから

「屋根の状態が思っていたよりも悪かった」

と言って高額な追加料金を請求する業者もいるようです。

本当に予想していなかったのか、わざと隠して安く出して契約を取ろうとしたのかはわかりませんが、お客様からすれば親切なこととは言えませんね。

 

 

なので現調の際は実際に屋根に上っているかも注目して見たいところではあります。

 

 

自宅の屋根が心配になったとしても、ご自身で屋根に上って点検するのは危険ですしお勧めしません。

もし屋根の状態が気になりましたらご相談くださいね!無料で点検致します。

ではまた!

能義