こんにちはっ!!事務員の吉澤です(。-`ω-)

あっという間に2月もあと5日間になってきました…。

時の経過が早すぎて怖いです”(-“”-)”

それでは早速本題に‥

防水工事、おおまかに3パターンあると前々回説明しました!

①シート防水

②FRP防水

③ウレタン防水

 

それでは今回は最後!③のウレタン防水についての説明を始めていこうと思います。


③ウレタン防水

 

リフォームにおいて一番多く施工されるのがウレタン防水です。

ウレタン防水工法は、ベランダの床面に塗料を塗って防水層を作る工法で、戸建住宅のベランダでも行われることの多い防水工事で、

他には「ウレタン塗膜防水」「ウレタン防水工事」「液体防水」「防塵防水」などと呼ばれることもあります。

 


【施工方法】

ウレタン防水には有名な2種類の施工方法があるので順番に紹介します!

密着工法

ベランダ防水なら「密着工法」がおすすめ!

まずベランダ床面の汚れを高圧洗浄で落とし、プライマーと呼ばれる下地材を塗布します。(ここまでは前回説明したシート防水と変わりません)

ウレタン防水材を重ね塗りします。

最後にトップコートを塗って完成です!

通気緩衡工法

まず高圧洗浄で汚れを落とす!これはどの工事も同じです!

つぎにプライマー(下地材)を塗ります

裏側に溝があいている通気緩衡シートを貼り付けます!(ひび割れ防止!!!!!)

その上からウレタン防水材を塗布して完成ですっ。

初期費用は密着工法と比べて高くなりますが、雨漏りなど水分を含んだ下地に最も効果的な工法です

 

 

 


次にメリット、デメリットを紹介します!

【メリット】

・複雑な場所にも施工可能

・既存防水層を撤去しない重ね塗りが可能で廃材が出づらい

・防水層が軽量で建物に負担をかけにくい

・継ぎ目のない防水層が形成可能

・工期が短く、コストを抑えることが可能

【デメリット】

・手作業のため、塗膜面の均一性が難しい

・施工中は雨に弱く、硬化不良の可能性がある

・定期的(5~6年毎に)にトップコートの塗り替えをする必要がある

 


細かい場所や狭い場所にはつまり!お家のベランダにはオススメです!

 

もう少し詳しく知りたい!という方はぜひお問い合わせください( *´艸`)

 

さあ!3回に分けてご紹介しました、防水工事でしたが、お家のベランダやアパートマンションの屋上等…防水大丈夫かな??と思われたら劣化具合を確認してみてください!

では、次回の更新でお会いしましょう(^▽^)/

こんにちはっ!!事務員の吉澤です(。-`ω-)

早速ですが、本題に入りましょう!

 

その防水工事、おおまかに3パターンあると前回説明しました!

①シート防水

②FRP防水

③ウレタン防水

覚えてますかね??

それでは今回は②のFRP防水についての説明を始めていこうと思います。


②FRP防水

FRP防水

 

FRPって何?と思うと思いますが、「繊維強化プラスチック(Fiber Reinforced Plastics)」の略称です!

FRP防水はガラス繊維の補強材を塗膜で固めていく防水で、新築の際は多くがこのFRP防水で施工されています

 


【施工方法】

 

まずベランダ床面の汚れを高圧洗浄で落とし、プライマーと呼ばれる下地材を塗布します。(ここまでは前回説明したシート防水と変わりません)

その後、シート状のFRPを敷き、ポリエステル樹脂でシートを固めます。

FRPを敷いて樹脂で固めるという工程を繰り返したら、そのままでは紫外線に弱いため、表面保護のため「トップコート」という塗料を塗って完成です。

 


次にメリット、デメリットを紹介します!

【メリット】

・防水性がとても高い。

・屋上駐車場にも使用されるほど丈夫

・ほかの防水法に比べとても軽量

・工期が短い

【デメリット】

・費用が少し高め

・木造で広い範囲に及ぶ施工が出来ない

・トップコートの塗替えが5~10年で必要


屋上によく人が出入りしたり、重い荷物を置かれる方にお勧めの施行になります!!

 

もう少し詳しく知りたい!という方はぜひお問い合わせください( *´艸`)

 

次回は最期!『ウレタン防水』についてです!!ではでは!