大雨・台風…急な雨漏りが発生した時の対処☂

こんにちはっ。

終わらない梅雨、夜中に始まるバイクの騒音、朝方に大音量でなる緊急地震速報…寝不足の吉澤です(。-`ω-)

睡眠の質が悪くなってます…悲しい(´;ω;`)ウゥゥ

 

長引く梅雨、雨が降る日が多い今、雨漏りが始まったお家もあると思います。

本日は急な雨漏り時の対処法2パターンをお話しします!

古典的な方法ですが、雨が降っている間は無理に修理をせず、安全にこれ以上の被害をしのぐ対応を取ってください。


【天井】

雨漏りといったら天井と想像する人も多いのではないかと思います。テレビとかでもバケツや缶等を床において雨漏りを対処する映像が流れていると思います。

やり方はあれと同じ!

バケツになるものを用意して、雨漏りしているところの下に置くだけ!!

バケツの下に新聞紙もしくはレジャーシートを敷き、水がはねないようにバケツの底にタオルなどを敷くのがポイントです!

【窓枠】

窓と外壁の間を埋めているコーキング材の劣化が原因で雨が侵入してしまいます。

水が侵入してきたら周辺にゴミ袋やレジャーシートを敷き、汚れないようにしてから雑巾を侵入場所においてください。

こまめに様子を見ることを忘れずに(。-`ω-)

また、カーテンが汚れる可能性があるときは撤去をしてください!

 


あくまで対処法なのでその後放置せずにちゃんとした処置をしてもらってくださいね(^▽^)/

 

放置しているままだと。シミやカビが出来るだけでなく、

・シロアリの発生

・資産価値の低下

・漏電

・火災

の危険が出てきます!!!!!

 

特に漏電や火災はお家にも大打撃をあたえ、命の危険に脅かされる可能性があるので早めの対応をお勧めします!