工務店・ハウスメーカーの違い簡単解説!!

こんにちはっ!事務員の吉澤です(。-`ω-)

今回は塗装をしてくれる会社の種類についてざっと解説します!!

🌻ハウスメーカー

家を建ててもらった際のハウスメーカーはどの会社よりもその家について詳しいといえます。図面や仕様書ももっており、外壁の材料等様々なデータを所有しており、施工日程もお客様に合わせやすいという利点があります。

しかし、工事費用は自社施工ではないため中間マージンもかかるため高額となり、十分な品質が保証されているわけではないのがデメリットです。

🌻工務店 

住まいに関する業務全般の取り扱いがあるので、様々な提案をしてもらう事ができます。大手以外は地域密着型の会社が多いです。

中間マージンが発生する可能性もあり、施工金額はやや高めのところが多いです。

🌻リフォーム会社

その名の通り外壁塗装だけでなく内装工事や住宅設備関係の設置なども手がけています。

外壁塗装と一緒に内装やお風呂の工事もしたいなどの工事に場合に適しています。
家屋全般の場合、価格面でも優遇(割引き)されやすい傾向にあります。

ハウスメーカー度同様に自社施工でないため費用が高くなります。

🌻塗装会社

自社で施工管理をおこなっているため、中間マージン等の費用は発生しません。また、現地調査も外壁塗装に詳しい職人、営業スタッフが対応してくれます。施工の品質も高く、なおかつ金額も安く施工することができます。

地域密着型の会社が多く、何かあった際に対応が早い利点もあります。

🌻家電量販店

最近、この業界に進出してきたのが家電量販店です。しかし、自社職人はいないため、下請け会社に施工自体をお願いしています。また、担当者も塗装に関してまだまだ知識不足の部分がある可能性があるため、しっかりと確認をしたうえで頼むのが良いといえます。費用は中間マージンが発生するため高めになります。

🌷訪問営業

上記の中にも訪問営業を行っているところもあります。もちろん全部の訪問営業が悪いとは言えませんが、大体の訪問営業は費用も高く、品質も悪いとデメリットが多いです。また、「契約をしてくれないと帰らない」等、迷惑行為をするところもありますがこういった会社ではほとんどトラブルが発生します。

訪問販売が来た場合はすぐに契約するのはNG!万が一契約してしまった場合でも、訪問販売の場合、クーリングオフ制度が適用されるため8日以内に書面でクーリングオフすることを会社に伝えましょう!

何かあったら国民生活センターへすぐに連絡をしてみてください。


どの企業にもメリット・デメリットがありますが自身の状況(内装もリフォームしたい等)を考慮して会社を決めてみてください。

また、施工費用が安ければいいというわけではありません。塗料を薄めたり必要な工程をはぶけば費用を安くすることもできるからです。

逆もしかりで高いから良い施工に必ずなるという事ではないので見積書を吟味して、必要であれば相見積もりを行い比較をすることをオススメします(^▽^)/