カーポートの波板取り替え

こんにちは!事務員の北村です!

最近雨の日が多いですね、、、

ついに梅雨入りかと思いきや

この雨は梅雨の雨ではないらしいですよ?

雨の日が続くと、洗濯物が干せなくて困りますね

梅雨の時期は塗装ができないので、早く梅雨入り梅雨明けしてほしいですね

それでは早速本題に入りましょう!


皆さん、『カーポート』を知っていますか?

上記の写真のように車を強い日差しや雨、雪などから守る壁がない車庫のことです。

雨の日に雨に濡れずに車に乗り降りできるなどのメリットがあります。

しかしカーポートにも寿命があります。。

ポリカ製の波板だと太陽の熱や経年変化で変色や変形してしまうのです。

そうなってしまうと、波板が破損し強い風などで飛んでいってしまったり危ないので取り替えなければなりません!

波板がめくれ上がっているのに、ブロックや水を入れたペットボトルを置いて応急処置しているお家をよく見かけますが、危ないので早急に直すことをおすすめします。

今回はこのカーポートの波板(天井部分)の取り替え手順についてとーーーーーっても簡単に説明します!

①既存の波板を外す

まずは古い波板を外します。つけたままでは新しい波板が設置できないので当たり前ですが….笑

外した後にカーポート枠のほこりやゴミを取り除き、綺麗にします。

この工程を省くとせっかく新しいきれいな波板をつけても汚れて見えてしまって台無しな気分になってしまうかもしれないですよね

②下穴を開ける

波板に電動ドリルやキリで穴を開けていきます。

通常は5山おきに穴を開けます。

ホームセンターでうっている波板を想像してもらえるとわかると思うのですが通常の波板、穴あいてません。なのできちんときれいな穴をあけていくんです。

③波板を固定する

波板の上から通したフックを引っかけて固定します。

固定がしっかり、がっちり出来ていないと強風で波板がどこかにお散歩に行ってしまう可能性もあるのできちんと止められてるか確認してくださいね


これで完成です!

費用に関してはお家のカーポートの種類だったり、業者によって違うので必ず見積もりをしてから決めてくださいね!

塗装ではありませんが、複数社見積もりをとってもいいので納得のいく工事を受けてみてください!

今日つけ方を説明した波板ですが、波板にも種類がたくさんあるので、クリアの波板にした場合太陽の日差しが入ってお家の周りが明るい印象になったり、種類によって印象が違って見えます。

機会があれば波板の種類も紹介したいと思います。

また次回の記事でお会いしましょう~!