超寿命シーリング材!オートンイクシードとは?

皆さん、こんにちは!事務員の北村です!

オリンピックまであと37日です!ほぼ1か月後となりました。

開催国が日本に決まってお祝いムードの中、コロナウイルスが流行してしまい、オリンピックが中止になるかとも思いましたが、テレビ越しからでも世界中の選手の活躍する姿が見れるのは嬉しいですね。

さて本題です。


オートンイクシードを知っていますか?

オートンイクシードとは、住宅向けに開発されたシーリング材の種類の『超寿命シーリング材』のことです。

このオートンイクシードにはたくさんのメリットがあります。

メリット

通常のシーリング材の寿命は10年から20年と言われています。これを過ぎるとひび割れなどが発生し、補修が必要になってきます。

しかし、オートンイクシードは特殊高耐久ポリマー「LSポリマー」を配合することにより、紫外線や雨風からの影響を受けにくく、これまでにない耐久性、耐候性を実現することができるので20年から30年持つと言われています。

年月が経っても硬質化を防いで柔らかさを維持できるので、お家のひび割れを防ぐことができ、幅広い用途で長期的に建物を雨水の侵入から守ることができるのです!

オートンイクシードは20年から30年と寿命が長いので、お家の塗装を塗り替えるタイミングで一緒に変えられるというメリットもあります。

また、オートンイクシードは150色以上展開しているのでたくさんの色の外壁に対応が可能です。

とても優秀なシーリング材ですね!

デメリット

ハイスペックなオートンイクシードですが、欠点があります。

それは、見本の色と実際の材料の色が少し違うことです。。。

後打ちになるのでシーリングの色がそのまま残ります。

通常のシーリング材の場合は白色のみ一色になるので、色が付いている塗料で塗装する時はいいですが、クリアー塗装の時は向きません。

シーリングの色が変に目立ってしまいお家の外見を壊しかねません。

クリアー塗装をする場合はオートンイクシードが適しています。

耐用年数がかなり長いので、通常のシーリング材よりも高値にはなってしまいます。


シーリング材の質が悪いと雨や風や害虫が侵入してくることもあるので、シーリング材を選ぶときは慎重にならなければなりません。

オートンイクシードは通常のシーリング材に比べてメリットが多いシーリング材でしたね!

参考になればうれしいです。

それでは次の更新でまたお会いしましょう!