とっても大事!!お家の防水工事②

こんにちはっ!!事務員の吉澤です(。-`ω-)

早速ですが、本題に入りましょう!

 

その防水工事、おおまかに3パターンあると前回説明しました!

①シート防水

②FRP防水

③ウレタン防水

覚えてますかね??

それでは今回は②のFRP防水についての説明を始めていこうと思います。


②FRP防水

FRP防水

 

FRPって何?と思うと思いますが、「繊維強化プラスチック(Fiber Reinforced Plastics)」の略称です!

FRP防水はガラス繊維の補強材を塗膜で固めていく防水で、新築の際は多くがこのFRP防水で施工されています

 


【施工方法】

 

まずベランダ床面の汚れを高圧洗浄で落とし、プライマーと呼ばれる下地材を塗布します。(ここまでは前回説明したシート防水と変わりません)

その後、シート状のFRPを敷き、ポリエステル樹脂でシートを固めます。

FRPを敷いて樹脂で固めるという工程を繰り返したら、そのままでは紫外線に弱いため、表面保護のため「トップコート」という塗料を塗って完成です。

 


次にメリット、デメリットを紹介します!

【メリット】

・防水性がとても高い。

・屋上駐車場にも使用されるほど丈夫

・ほかの防水法に比べとても軽量

・工期が短い

【デメリット】

・費用が少し高め

・木造で広い範囲に及ぶ施工が出来ない

・トップコートの塗替えが5~10年で必要


屋上によく人が出入りしたり、重い荷物を置かれる方にお勧めの施行になります!!

 

もう少し詳しく知りたい!という方はぜひお問い合わせください( *´艸`)

 

次回は最期!『ウレタン防水』についてです!!ではでは!